中国遼寧省の紅沿河原発が発電開始 


[上海 18日 ロイター] 中国東北部の遼寧省にある紅沿河原子力発電所が17日、発電を開始した。18日付の同国英字紙チャイナ・デーリーが報じた。2011年の福島第1原発事故後に中国で原発が稼働するのは初めて。

中国政府は昨年10月、原発の安全性・開発計画を承認し、福島の事故後に発動していた新規事業の停止措置を事実上取り下げていた。

同紙によると、紅沿河原発1号ユニットが17日午後、発電を開始した。

これで中国では現在16基の原子炉が稼働中で、トータルの発電能力は12ギガワット超。2020年までに58ギガワットに引き上げる計画だ。

4つの発電ユニットからなる予定の紅沿河原発第1期プロジェクトは2015年末までに完成する見通しで、年間発電量は300億キロワット時に達する。第1期プロジェクトの投資額は500億元(80億2000万ドル)。

2つの発電ユニットが増設される第2期プロジェクトは2016年に完成し、年間発電量は450億キロワット時に拡大する見込み。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年02月20日 22:18
怖いですね。事故の備えなんてなーんも考えず、かつ適当に運転しそうですから(笑)でも、放射性物質だけは偏西風に乗って、日本にやってくる、というパターンでしょうか。抗日攻撃、とかあと付けの理由で(笑)

この記事へのトラックバック