シリア情勢:    シリア政府軍が無差別攻撃? 今世界が注目している最中に?

2013.9.12 08:32
  シリア人権監視団(英国)によると、内戦中のシリア北部アレッポ近郊のバブにある臨時の医療施設が11日、アサド政権の空軍機による空爆を受け、医師1人を含む少なくとも11人が死亡、数十人が負傷した。

 アサド政権は反体制派が支配する地域に対し、軍事施設と民生施設をあまり区別しない無差別的な攻撃を繰り返している。(共同)
     
   転載おわり
  
      シリア人権監視団 英国に本拠地をおくNGOですが 反体制側に寄った情報しか提供しないみたいで     す。「アサド政府軍が空爆、市民が〇〇人死亡」とかいった調子でしょう。                         代表の ラミ・アブドル・ラーマンンという人物も判然としませんし どお~も 胡散(うさん)臭いことこの      上ありません。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E7%9B%A3%E8%A6%96%E5%9B%A3

      こんな あやふや組織の情報を採用して配信し続ける 共同通信、AP通信、ロイター、フランス通信といった連中も いい加減なもんです。
      
下の赤字にした箇所の 「あまり区別しない無差別な攻撃」 という部分は あきらかに おかしいでしょ!? 産経ニュースのこの記事書いた人ぉ!(苦笑) 

 まあ 素人の私につっ込まれるようでは 終わってますな すでに。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック