シリア情勢:

weight:bold; padding-bottom:10px; "> 米国国防総省は、シリア化学兵器に関する米露合意の成立後も、米軍の配備にいかなる変更も加えられていない、と発表した。
現在、シリア情勢に関して外交的プロセスが進んでいるが、これは、米国の軍事介入という圧力があったためにこそ可能になったのだ、と国防総省は見ている。ロイター通信が伝えた。 露米は14日、シリア化学兵器に関する合意を結んでいる。両者はシリア紛争の政治解決、化学兵器を2014年半ばまでに廃絶させることで合意した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック