シリア情勢:  セルゲイ・ラヴロフ:露外相 「米国のパートナーたちは我々を脅迫」



セルゲイ・ラヴロフ外相は国連総会が開かれるニューヨークに出発する前日、インタビューに答えた。ラヴロフ外相はニューヨークで米国のケリー国務長官との会談のほか、数十のハイレベル会談をこなす予定だ。ラヴロフ外相とケリー国務長官、そして国連のパン・ギ・ムン事務総長との三者会談では、ジュネーブ2の日程が発表される可能性もある。

国連の化学兵器調査団報告をめぐる欧米諸国の裏工作について、ラヴロフ外相は、実際には欧米諸国はいかなる報告も必要としていないと指摘した。

-フランスと米国は、いかなる報告書も必要ないということを隠してもいない。報告書が発表されるよりずっと前、彼らはすでに情報は入手しており、それは信頼に足る情報だ、と主張したが、それを我々に見せることはなかった。彼らが示したものは、アサド政権による化学兵器使用を納得させるものではなかった。

ラヴロフ外相は、8月のダマスカスでの事件に関する報告書の解釈をめぐって、米国はロシアと国際社会に圧力を加え、自らのアプローチを強制使用としていると指摘した。

米国のパートナーたちは我々を脅迫し始めた。もしもロシアが国連憲章7条に基づく決議を安保理で承認しなければ、ハーグでの化学兵器禁止機関での作業を停止するというのだ。それはケリー長官と合意したものから完全に逸脱している。合意したのは、まずは化学兵器禁止機関の決定を待ち、その後、それを支持する安保理決議を出すということであり、第7条についてのものではない

第7条では武力行使に関する規定がなされている。ラヴロフ外相は9月14日付の露米合意(シリア化学兵器の国際管理)について、欧米諸国は地球から毒物を削減するというチャンスとしてではなく、いままでロシアと中国が妨害してきたアサド政権を非難する決議を引き出すためのチャンスとして捉えており、武力シナリオを押しすすめようとしていると指摘している。

-欧米諸国はいつものように間違いを認めようとしていない。リビアを空爆し、崩壊の瀬戸際で見放したこと。イラクで地上作戦を行い、毎日数十人がテロで亡くなるような状況で見放したこと。それについてはもう誰も覚えていないようだ。バシャル・アサドは辞任すべきだとの一点張りなのだ。また一連の行動が地域を悲劇に導いてきたことは誰も話そうとしない。

ラヴロフ外相はシリア反対派勢力の3分の2がイスラム過激派であり、彼らの目的はシリアにイスラム国家を建設することだと指摘し、それは地域全体のカタストロフィにつながりかねないと話した。


引用元: VOR ロシアの声.


   転載おわり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック