福島第一原発の汚染水浄化にロシア企業RosRAOが参加



日本政府はロシア企業「RosRAO」を福島第一原発の放射線汚染水浄化作業のためのパートナーの一角に選んだ。月曜、日本の当局が発表した。


同社は「ロスアトム」の子会社。放射線廃棄物の加工を行っている。

同社は入札に参加した日本国内外の29社の中から選ばれた。同社のほかに、米国のKurion社、国際企業「GE Hitachi Nuclear Energy Canada Inc」が競争に勝利した。予定では、プロジェクトの各参加者は、2016年3月までに浄化の方法案を提出する。のち、寄せられた提案の中から、実際にどれを実行するかが選び出される。

日本政府はこのプロジェクトに30億円を投じる。

イタル・タス


以上転載おわり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック