テーマ:再稼動反対

統一地方選 函館市長選 「大間差し止め」現職工藤寿樹(としき)氏が再選

 国とJパワー(電源開発)を相手取った大間原発(青森県大間町)の建設差し止め訴訟が争点となった北海道函館市長選は、現職の工藤寿樹(としき)氏(65)=無所属=が、訴訟の取り下げを掲げた新人で元衆院議員秘書の広田知朗氏(54)=同=を破り再選を果たした。地方自治体が国を訴える異例の訴訟への民意を問う初の選挙だったが、市民は訴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九電、川内原発再稼働さらに遅れ 日程を見直し

 中日新聞より転載  九州電力は28日、川内原発1号機(鹿児島県)の再稼働時期について、7月中旬としてきた見通しを遅らせる方向で検討していると明らかにした。どの程度の遅れになるかは明らかにしなかった。再稼働前の最終手続きとなる原子力規制委員会の使用前検査が、九電の準備不足により遅れていることが主な原因という。  九電は当…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川内原発を再稼動させない

九州電力川内原発の再稼働差し止めを求めた仮処分申請は22日、鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)で却下されたが、高裁に抗告する方針の住民側は「次は勝てる」(原告弁護団の内山成樹氏)と自信マンマンだ。地裁決定が判断を避けた「争点」を抗告審で突き詰めていけば、必ず再稼働は止められるというのだ。  地裁が逃げた争点とは、川内原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発の行方

鹿児島地裁、22日に川内原発差し止め可否判断 2015年04月21日 08時38分  佐賀新聞より転載  九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の地震対策は不十分として、周辺住民らが再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てで、鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)は22日、差し止めの可否を決定する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<高浜原発>3、4号機再稼働差し止め 福井地裁、仮処分

毎日新聞 4月14日(火)14時6分配信  より転載  福井県や関西の住民ら9人が関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再稼働差し止めを求めた仮処分の申し立てに関し、福井地裁(樋口英明裁判長)は14日、住民側の主張を認め、申し立てを認める決定を出した。仮処分の手続きで原発の運転差し止めが認められたのは初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大間原発反対 署名14万人 函館市民ら経産省提出へ

2015年3月25日 東京新聞朝刊より 転載  青森県大間町で電源開発(Jパワー)が建設中の大間原発をめぐり、津軽海峡を挟んだ対岸の北海道函館市で、市内の町内会をまとめる町会連合会が建設の差し止めを求める十四万六千百八十四人分の署名を集めた。二十五日に経済産業省に提出する。  連合会による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原子力発電所 22日に仮処分決定 

鹿児島県の川内原子力発電所を再稼働させないよう住民が求めている仮処分の手続きで、鹿児島地方裁判所は、今月22日に決定を出すことになりました。仮処分の決定は、すぐに効力を持つことがあり、全国で最も早く、再稼働に向けた手続きが進む川内原発に対する裁判所の判断が注目されます。 鹿児島県の川内原発1号機と2号機について、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発1号機、使用前検査開始 再稼働へ最終手続き

03/30 18:00、03/30 20:51 北海道新聞より転載  原子力規制委員会は30日、九州電力川内原発1号機(鹿児島県)の再稼働に向けた最終手続きとなる使用前検査を現地で始めた。九電の計画では、6月末までに原子炉起動に必要な検査を終え、7月上旬に発電を開始する。九電は発電開始を再稼働と定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発

 鹿児島県の反原発団体は25日、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の再稼働に反対する全国集会を鹿児島市で開いた。参加者は「民意は再稼働に反対だ。相手を九電に絞り、訴えよう」と拳を突き上げた。実行委員会によると、約3千人が参加し、集会後に市内をデモ行進した。  川内原発については、地元の薩摩川内市と県が昨年11月まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大間原発審査、長期化必至 来月開始、フルMOX課題山積(12/29 07:00)  青森県大間町で建設中の電源開発大間原発の新規制基準への適合性審査が1月にも始まる。電源開発は審査期間を約1年と想定し、2015年末の「合格」を見込むが、同社として初めて手掛ける原発であるうえに、世界初の「フルMOX」商業炉を目指す異例のケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やめよう 大間原発!

「やめるべ、大間原発!さようなら原発青森・北海道合同集会」は11月15日 11月15日、青森県・大間町役場総合開発センターで「やめるべ、大間原発!さようなら原発青森・北海道合同集会」が開かれます。 2012年10月に建設再開を強行した大間原発は、函館までわずか30㌔圏内に位置しています。大間原発は、MOX燃料を全炉心に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発再稼動へ ハイペースで地元同意  いよいよマッチに火をつけた

川内原発再稼働、鹿児島知事が同意表明 新規制基準で初 2014年11月7日20時56分  鹿児島県の伊藤祐一郎知事は7日、九州電力川内(せんだい)原発(薩摩川内市)1、2号機の再稼働に同意する考えを表明した。県議会がこの日、再稼働を求める陳情を採択したことを受けて判断した。東京電力福島第一原発の事故後にできた新規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県議会 再稼動を求める陳情を採択

九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働を巡り、鹿児島県議会(定数51、欠員2)は7日、臨時会の本会議で、再稼働推進を求める陳情を賛成多数で採択した。採択を受け、伊藤祐一郎知事は7日中に自身の考えを表明する、と述べた。再稼働への同意の意向を示すとみられる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県議会 予定どうり県民の声を無視して再稼動へ突き進む

川内原発再稼働 県議会が判断へ 11月5日 12時26分 福島第一原発の事故後に作られた新しい規制基準に初めて適合しているとされた鹿児島県の川内原子力発電所について、再稼働に同意するかどうか判断するための鹿児島県議会の臨時議会が、5日開会しました。 会期は3日間で、7日には県議会としての判断が示される見通しです。 川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火山学会が「規制委員会の審査基準を見直せ」って 遅いよ

火山学会「予測限界ある」、原発の審査基準見直し提言 2014年11月2日21時49分  日本火山学会の原子力問題対応委員会は2日、原発を火砕流が襲うような巨大噴火について、リスクを判断する原子力規制委員会の審査基準を見直すよう求める提言をまとめた。国全体で巨大噴火対策に取り組む必要があるとしたうえで、噴火予測の可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き ⑧鹿児島市

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  九州電力川内原発=10月24日、鹿児島県薩摩川内市  宮沢経済産業相は31日、鹿児島県の伊藤知事と経産省で会談し、九州電力川内原発について「再稼働を進める政府方針を関係者に伝えたい」と述べ、11月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き  ④出水市 

平成26年第2回定例会  第1日 ○12番(鶴田悌次郎議員) 一般会計補正予算の71ページですが、ここにですね土砂防災と原子力防災マップの作成委託と、2,000万円計上してあります。新聞でもこれは報じられておりました。同じく、同じ日に知事はですね、10キロから30キロ、そういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

説明会参加対象拡大を 鹿児島県に申し入れ書、反原発団体 [鹿児島県]

説明会参加対象拡大を 鹿児島県に申し入れ書、反原発団体 [鹿児島県] 2014年10月24日(最終更新 2014年10月24日 00時05分)  九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に反対する市民団体「ストップ再稼働! 3・11鹿児島実行委員会」は23日、補足で開催される住民説明会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発 再稼動反対

転載開始 朝日新聞デジタル 川内原発の再稼働反対、7500人が訴え 鹿児島 2014年9月28日  九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働反対を訴える市民集会が28日、鹿児島市の天文館公園で開かれた。原子力規制委員会による新規制基準への適合審査が9月に終了し、再稼働への地元同意が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more