テーマ:汚染水

多核種放射性物質除去装置  増設B系統 試運転開始

新たにB系統が試運転=増設ALPS—福島第1 2014 年 9 月 29 日 11:31 JST 更新  東京電力は29日、福島第1原発で汚染水の放射性物質を吸着して大幅に減らす装置「ALPS」(アルプス)について、増設したA〜Cまでの3系統のうちB系統で試運転を開始したと発表した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試運転の段階で停止しているようでは 先が思いやられる アルプス

転載開始    福島第1原発:ALPS1系統で処理水濁り 試運転を停止 毎日新聞 2014年09月26日 20時31分  東京電力は26日、福島第1原発の汚染水処理施設「多核種除去設備(ALPS)」で試運転中だった2系統のうちB系統と呼ばれる1系統で、水が白く濁っているのが見つかり、処理を停止したと発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ旧式核燃料発電システムにしがみつこうとする日立製作所

 転載開始  日立製作所が使用済み核燃料を燃料に使う資源再利用型沸騰水型軽水炉(RBWR)の実用化に向けて動き出した。使用済み核燃料の有害度は天然ウラン鉱石と同程度まで減衰するのに約10万年かかるとされる。だがRBWRが実用化されれば300年程度まで短縮できるという。原子力発電にとっての課題は使用済み核燃料の処理だ。日立は処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 トレンチ汚染水の対策 方針転換

 トレンチ汚染水対策 方針転換へ   9月23日 6時43分 東京電力福島第一原子力発電所で「トレンチ」と呼ばれる地下のトンネルに流れ込んだ汚染水の対策が難航している問題で、東京電力は汚染水を抜き取ったうえで、トレンチをセメントで埋めるとしていたこれまでの方針を転換し、汚染水が入ったまま、セメントを流し込むこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 作業員1日で6000人

 東京電力福島第一原発では、凍土遮水壁の建設や旧型タンクの置き換えなど大型工事がひしめき、作業員は一日当たり約六千人と、昨夏のほぼ倍になっている。休憩所には人があふれ、通勤バスは一時間待ちになることも。現場では作業が重なり、混乱もたびたび起きている。  十九日、本社ヘリ「あさづる」で上空を飛んだ。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18日のいわき地区に続いて 相馬双葉漁協の組合員に説明会

相双の漁業者も反発 第一原発サブドレン水海洋放出 相馬で説明会  東京電力が福島第一原発の原子炉建屋周辺の井戸「サブドレン」からくみ上げた地下水を浄化して海洋に放出する計画について、県漁連は19日、相馬双葉漁協の組合員向け説明会を相馬市総合福祉センターはまなす館で開いた。東電側の計画説明に対し、漁業者からは反発の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発: 地下水バイパスの効果は?

 東京電力福島第一原発の汚染水対策の柱となる地下水バイパスで、対策の効果を把握できる時期の見通しが立たなくなっている。東電は当初、「開始から2、3カ月で効果を確認できる」としていたが、降雨の影響により観測用井戸での水位計測に予想以上に時間を要するという。一方、地下水から排出基準を上回る放射性トリチウムが検出された井戸の使用中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電が漁連に「サブドレン地下水」の海洋放出で説明会

 東京電力が福島第1原発の汚染水対策として建屋周辺の井戸「サブドレン」から地下水をくみ上げ、最終的に海に放出する計画で、福島県漁連は18日、いわき市漁協の組合員を対象に説明会を同市内で開いた。東電の説明に漁業者から反発が相次いだが、県漁連の野崎哲会長は終了後、報道陣に「計画の必要性はかなり高い。執行部として組合員に理解を求めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新系統 多核種除去設備  始動

  東京電力は17日、福島第一原発の高濃度汚染水から放射性物質を取り除くために増設した多核種除去設備ALPS(アルプス)の1系統が試運転を始めたと発表した。10月上旬までにさらに2系統を稼働させる。既存の3系統と合わせた6系統で、1日あたりの最大処理量をこれまでの2倍の1500トンにすることを目指す。  第一原発敷地内のタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 何のための建屋カバーだったの?

【第一原発1号機 建屋カバー】解体開始時期見えず 粉じん飛散懸念 地元市町村と調整難航  東京電力福島第一原発1号機の原子炉建屋カバーの解体工事は、開始予定から2カ月が過ぎても見通しが立っていない。昨年8月の3号機がれき撤去作業で放射性物質を含んだ粉じんの飛散が発覚し、地元市町村との調整が難航しているためだ。政府と東電は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  日本経済新聞は どうしても「電源喪失は津波のせい」を印象付けたいんだな

津波で電源喪失 「絶望していました」 2014/9/11 22:12 記事保存  「(危機感は)すごく強く持っていた。非常用電源が動いたのでほっとした。当然地震によって津波が来る可能性はある。プラントは一定の安全は保たれているという安心感はあった。 (津波襲来後の)次にはどういう形で冷却を持っていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 漏れ続ける汚染水。 貯蔵タンクがそろそろ満タンになる 

. 河北新報  福島第1原発の汚染水対策は、事故発生から3年半経過した今なお、予断を許さない状況が続く。  1~4号機の建屋地下には1日約350トンの地下水が流れ込み、放射性物質に触れて汚染水が発生している。  東京電力は建屋に入る前にくみ上げる地下水バイパスなどの対策を講じるが、抜本的な解決には至っていない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:  がれき撤去中、金属台も落下 福島第一原発3号機

朝日新聞デジタル 2014年8月30日22時49分  東京電力福島第一原発3号機の原子炉建屋上部のがれき撤去作業中に、機器の一部を使用済み燃料プールに落とした問題で、東電は30日、機器を据え付けていた台も一緒に落ちていたと発表した。プールの水に含まれる放射性物質の濃度に変化はなく、東電は燃料に損傷はないとみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発3号機で燃料プールに機器落下

  NHKオンラインニュース 8月29日 18時20分 東京電力は、福島第一原子力発電所3号機で、爆発で損傷した機器をクレーンで撤去しようとしたところ、誤って使用済み燃料プールに落下させたと発表しました。周辺の放射線量に変化はないとしていますが、プールの中には現在も500体余りの核燃料が入っていて、東京電力で損傷がないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 3号機=がれき落下 400キロ

2014年8月29日(金)17時13分配信 時事通信  東京電力は29日、福島第1原発3号機の使用済み燃料プールで、撤去作業中に重さ約400キロのがれきを誤って落下させたと発表した。けが人はなく、放射線量の上昇も確認されていないという。     以上転載おわり                      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 「月給75万円」 凍土遮水壁工事の募集出る 

J-CASTニュース 2014年08月28日18時53分 横浜市にあるハローワークの求人票によると、就労場所は福島県双葉郡大熊町で、福島第一原発での凍土遮水壁工事での一般土木作業、シールド作業、保線作業を担当する。募集するのは18歳以上で、契約更新の可能性はなし。経験者優遇だが経験、学歴、免許や資格は不問。基本給(月額…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現職佐藤氏不出馬へ・福島県知事選

 任期満了に伴う福島県知事選(10月9日告示、26日投開票)で、現職の佐藤雄平知事(66)が3選立候補しない意向を関係者に伝えたことが26日、分かった。佐藤氏は3選立候補を求める支持者に「いろいろ考えているが、ご期待に沿えない可能性が高い」と述べ、中間貯蔵施設問題に一定のめどが付き次第、不出馬を表明する可能性を示唆した。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:中間貯蔵施設、福島県28日受け入れ表明 地権者2000人と交渉へ

東京電力福島第1原発事故に伴う除染廃棄物を保管する国の中間貯蔵施設について、福島県が28日に建設の受け入れを表明する方向で最終調整していることが21日、政府関係者への取材で分かった。石原伸晃環境相らが同県を訪問し、佐藤雄平知事が受け入れ方針を正式に伝えるが、環境省内では27日に1日前倒しする案も出ている。復興の足かせになっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原で停電、燃料プール冷却に影響なし

日本テレビ系(NNN) 7月14日(月)18時31分配信  14日朝、福島第一原発で事務系の建物などで停電が発生したが、午後になって全面復旧した。原子炉や使用済み燃料プールの冷却に影響はないという。  東京電力によると14日午前7時半頃、配電盤の漏電警報が鳴った後、関連企業などが入る事務系の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大飯原発運転差止請求 事件判決 要旨 全文

2014年5月21日 大飯原発3、4号機運転差止請求事件判決要旨 主文 1  被告は、別紙原告目録1記載の各原告(大飯原発から250キロメートル圏内に居住する166名)に対する関係で、福井県大飯郡おおい町大島1字吉見1-1において、大飯発電所3号機及び4号機の原子炉を運転してはならない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発

<福島第1原発>遮水壁、着工遅れも…東電に安全対策注文 毎日新聞 5月2日(金)21時3分配信 福島第1原発の凍土遮水壁の完成イメージ  原子力規制委員会は2日、東京電力福島第1原発で地下水が原子炉建屋に流入し汚染水となるのを防ぐ「凍土遮水壁」について、計画の再検討を東電に指示した。安全に管理できる根拠を示すデータが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発

<福島第1原発>遮水壁、着工遅れも…東電に安全対策注文 毎日新聞 5月2日(金)21時3分配信 福島第1原発の凍土遮水壁の完成イメージ  原子力規制委員会は2日、東京電力福島第1原発で地下水が原子炉建屋に流入し汚染水となるのを防ぐ「凍土遮水壁」について、計画の再検討を東電に指示した。安全に管理できる根拠を示すデータが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発

廃炉下請け企業「継続」は半数(4月25日 19時25分) 東京電力福島第一原子力発電所で廃炉作業に関わっている下請け企業のうち、NHKが、取材で判明した企業に「今後も作業を続けるか」尋ねたところ、「続ける」と答えた企業が、全体のほぼ半数にとどまりました。 長期的な作業員の確保が課題になるなか、専門家は「廃炉作業から撤退する企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 汚染水のタンク設置 雪で中止

2月9日 16時02分東京電力によりますと、福島第一原子力発電所の敷地内では、9日朝、40センチ程度の積雪があり、屋外で行う汚染水をためるタンクの設置工事は9日はすべて中止が決まり、10日の作業再開に向けて除雪作業を進めているということです。 また、大雪で送迎バスが遅れたため、多くの作業員が福島第一原子力発電所に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  東京電力福島第1原発3号機の原子炉建屋1階の床面で、汚染水の流れが見つかった。溶けた核燃料を冷却するため原子炉に注入した水が、格納容器の配管貫通部から漏れている可能性が高い。格納容器を水で満たして溶融燃料を取り出す工程を描く東電は、水漏れ箇所の特定と補修を急ぐが、現場の放射線量が高く容易ではない。  水の流れが見つかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:

原発汚染水対策 解決の道筋は(1月4日 20:00更新)  東京電力福島第一原子力発電所で、汚染された地下水が海に流出している問題で、国と東京電力は、汚染源とされる地下のトンネルにたまった汚染水を取り除くための作業を、今月から始めるなど対策を本格化させる方針で、ことし汚染水問題の解決に道筋をつけられるかが問われます。  福島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルプスが塩酸漏れ起こす が、 汚染水はもれてません。 という 記事 

東京電力は1日、福島第一原発で汚染水の放射性物質を取り除く装置「ALPS(アルプス)」で、配管の継ぎ手部分から塩酸が漏れたと発表した。汚染水は漏れていないという。同じ設備は3系統あり、東電は漏れた1系統を止め、原因を調べている。汚染水処理は別の1系統で続けている。  東電によると、1日午前7時45分ごろ、運転中だった2系統の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧福島第一原発:  観測井戸から高い放射線量

朝日新聞 東京電力福島第一原発で8月にタンクから300トンの高濃度汚染水漏れが発覚した事故で、東電は11日、近くの井戸から放射性ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットルあたり55万ベクレル検出されたと発表した。過去最大値で、数日前から値が上昇していた。  見つかったのは漏れが発覚したタンクから10メートル余り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 相次ぐ台風の襲来で、東京電力は使用を中止していた福島第1原発の地下貯水槽の利用を再開した。地上タンク群を囲むせきにたまった汚染水が大雨で増えており、移送先を確保するための苦肉の策だ。専門家は「全体のリスクは下がる」と理解を示すが、地下貯水槽で4月に汚染水が漏れた原因は分からないままで、懸念する声は強い。  貯水槽は、地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発: 港外の海水からセシウム検出

東京電力福島第一原子力発電所の沖合およそ1キロの港の外の海水から今月18日、微量の放射性セシウムが検出されました。 この場所で放射性セシウムが検出されるのは、ことし8月に測定を始めて以来2回目で、東京電力は「検出限界値に近い値で環境への影響はない」としています。 福島第一原発では、建屋周辺の汚染水が地下水とともに海に流れ出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more