テーマ:原発再稼動反対

新系統 多核種除去設備  始動

  東京電力は17日、福島第一原発の高濃度汚染水から放射性物質を取り除くために増設した多核種除去設備ALPS(アルプス)の1系統が試運転を始めたと発表した。10月上旬までにさらに2系統を稼働させる。既存の3系統と合わせた6系統で、1日あたりの最大処理量をこれまでの2倍の1500トンにすることを目指す。  第一原発敷地内のタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 何のための建屋カバーだったの?

【第一原発1号機 建屋カバー】解体開始時期見えず 粉じん飛散懸念 地元市町村と調整難航  東京電力福島第一原発1号機の原子炉建屋カバーの解体工事は、開始予定から2カ月が過ぎても見通しが立っていない。昨年8月の3号機がれき撤去作業で放射性物質を含んだ粉じんの飛散が発覚し、地元市町村との調整が難航しているためだ。政府と東電は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリスのメデイア 【The Independent】 が報じる 福島第一原発メルトダウン

The Independent David McNeill in Tokyo and Jake Adelstein 水曜日、2011年8月17日 それは日本で進行中の原発事故ミステリーの一つだ。津波が襲う前に、3月11日の地震は、福島第一原子力発電所に対して、一体どれだけの損傷を与えたのだろう? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 漏れ続ける汚染水。 貯蔵タンクがそろそろ満タンになる 

. 河北新報  福島第1原発の汚染水対策は、事故発生から3年半経過した今なお、予断を許さない状況が続く。  1~4号機の建屋地下には1日約350トンの地下水が流れ込み、放射性物質に触れて汚染水が発生している。  東京電力は建屋に入る前にくみ上げる地下水バイパスなどの対策を講じるが、抜本的な解決には至っていない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城大 東海第二原発(原電)近隣4四村にアンケート その結果

茨城大は2014年の原発に対する住民意識調査「地域社会と原子力に関するアンケート」の結果をまとめた。日本原子力発電(原電)東海第二原発(東海村)近くの4市村に住む人たちに、原発への評価、問題意識を毎年聞き、まちづくりの基礎データとする調査。原発の廃炉を求める声が再び強まり、過酷事故時の避難計画策定を困難とする見方は6割を超えた。 (林容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  指定廃棄物最終処分場問題 「住民説明会は無理」

2014年9月9日  東京電力福島第一原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場をめぐり、候補地に選ばれた塩谷町の見形(みかた)和久町長は八日、町議会の一般質問で「(環境省による)住民説明会を開くのは無理だ」と述べ、あらためて拒否する意向を表明した。  見形町長は、同町への最終処分場建設は「断じて許し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燻(くす)ぶり続ける原発を まとめて消火

老朽原発の廃炉 2014年09月09日 07時50分  九州電力が稼働から38年経過している玄海原発1号機(東松浦郡玄海町)の廃炉の検討に入ったことが明らかになった。関西電力や中国電力も検討しており、古くなった原発の廃炉を検討する動きは次々と表面化するとみられる。  東日本大震災で重大なメルトダウン(炉心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島事故、避難者自殺に賠償判決 東電が控訴断念、確定へ

メール0 コメント0 朝日新聞デジタル | 執筆者: 伊藤弘毅 東京電力福島第一原発の事故で福島県川俣町から避難を強いられ、一時帰宅中に自殺した女性の遺族が東電に賠償を求め、福島地裁が東電に約4900万円を支払うよう命じる判決を出した訴訟で、東電は5日、控訴し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 : 汚染水タンクの弁から水漏れ

NHK NEWS WEB 9月4日 23時14分 東京電力福島第一原子力発電所で、汚染水をためているタンクの弁から汚染水がしたたり落ちているのが見つかり、現在も水漏れが続いていることから、東京電力で対策を検討しています。 東京電力によりますと4日正午すぎ、福島第一原発で汚染水をためる2つのタンクを結ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more