テーマ:脱原発

 アベノタワゴト

転載開始 安倍総理大臣は、鹿児島県の川内原発の再稼働について、桜島などが御嶽山よりはるかに大規模に噴火した場合でも、安全性は確保されていると強調しました。  民主党・田城郁参院議員:「予知不能であったこの噴火は、自然からの警鐘として受け止めるべき。川内原発の再稼働を強引に推し進める安倍政権の姿勢を認めるわけにはいきませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東海村の核燃料加工会社 JCO の臨界事故から15年が過ぎた

転載はじめ 臨界事故から15年の集会で自身の経験談を語る大泉恵子さん=茨城県東海村で  茨城県東海村の核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)の臨界事故から15年が過ぎた。「臨界、被ばく…。その言葉を見聞きするだけで脂汗がにじみ、動悸(どうき)がした」。JCOの近くで働…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発 再稼動反対

転載開始 朝日新聞デジタル 川内原発の再稼働反対、7500人が訴え 鹿児島 2014年9月28日  九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働反対を訴える市民集会が28日、鹿児島市の天文館公園で開かれた。原子力規制委員会による新規制基準への適合審査が9月に終了し、再稼働への地元同意が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 噴火活動中 桜島 

福岡管区気象台および鹿児島地方気象台が29日午後4時に発表した桜島の「火山の状況に関する解説情報」によると、26日から29日午後3時までの間、桜島は活発な噴火活動を続けている。  昭和火口では、爆発的噴火が12回発生し、弾道を描いて飛散する大きな噴石が4合目(昭和火口より800メートルから1300メートル)まで達した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多核種放射性物質除去装置  増設B系統 試運転開始

新たにB系統が試運転=増設ALPS—福島第1 2014 年 9 月 29 日 11:31 JST 更新  東京電力は29日、福島第1原発で汚染水の放射性物質を吸着して大幅に減らす装置「ALPS」(アルプス)について、増設したA〜Cまでの3系統のうちB系統で試運転を開始したと発表した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今も傷口は癒えない避難者 埼玉県

転載はじめ 2014年9月28日(日) 「安全な原発ない」安倍政権を批判 埼玉弁護士会が加須でシンポ  埼玉弁護士会は27日、加須市の市民総合会館で「彩の国から考える原発のない未来へ」と題したシンポジウムを開催した。学者や「大飯原発差し止め訴訟弁護団」らが、原発推進の安倍政権を批判し、「避難計画が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年3月11日あの時刻 原発作業員は4号機タービン建屋と共に大きく揺れた

転載開始 震災当時の恐怖伝える 福島第1元作業員の大竹さん、27日徳島市でシンポ 2014/9/26 14:02  東日本大震災の発生時、東京電力福島第1原発の4号機で定期検査の作業をしていた男性が、徳島で暮らしている。元東電協力企業社員の大竹善人さん(40)=徳島市応神町古川。市民団体「脱原発市民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薄れていく関心 しかし いまもなお厳しい現実がよこたわる 南相馬の仮設住宅に暮す避難者

  転載開始  県内で脱原発を訴え続ける市民団体「原発いらない栃木の会」が八月、東京電力福島第一原発事故で被災した福島県南相馬市を初めて訪れた。仮設住宅に身を寄せる住民の苦悩に耳を傾け、時間の止まった町並みを自らの目で確かめてきた。脱原発への思いを強くした同会は二十七日、宇都宮市の宇都宮大で報告会を開く。 (後藤慎一) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館市の大間原発差し止め訴訟 市側が鑑定意見書作成へ

転載開始 大間原発訴訟、「原告適格」を主張 函館市が意見書作成へ(09/09 07:30)  【函館】函館市は8日、国と電源開発(東京)を相手取って起こした大間原発(青森県大間町)の建設差し止め訴訟で、国側の「函館市には原告適格(訴える資格)がない」との主張に反論するため、市の訴えの正当性を専門家に主張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  原発にNOかYESか 埼玉県民投票へ向けて始動

 原発の是非を問う住民投票を埼玉県で実現しようと、脱原発を訴える県民らのグループ「原発埼玉県民投票準備会」が10月中旬から、住民投票条例の制定を求める署名活動を始める。準備会は20日、さいたま市内で活動に向けた決起集会を開いた。   準備会メンバーの星丘匡史(まさぶみ)さん(48)は「埼玉県に原発はないが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新系統 多核種除去設備  始動

  東京電力は17日、福島第一原発の高濃度汚染水から放射性物質を取り除くために増設した多核種除去設備ALPS(アルプス)の1系統が試運転を始めたと発表した。10月上旬までにさらに2系統を稼働させる。既存の3系統と合わせた6系統で、1日あたりの最大処理量をこれまでの2倍の1500トンにすることを目指す。  第一原発敷地内のタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城大 東海第二原発(原電)近隣4四村にアンケート その結果

茨城大は2014年の原発に対する住民意識調査「地域社会と原子力に関するアンケート」の結果をまとめた。日本原子力発電(原電)東海第二原発(東海村)近くの4市村に住む人たちに、原発への評価、問題意識を毎年聞き、まちづくりの基礎データとする調査。原発の廃炉を求める声が再び強まり、過酷事故時の避難計画策定を困難とする見方は6割を超えた。 (林容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燻(くす)ぶり続ける原発を まとめて消火

老朽原発の廃炉 2014年09月09日 07時50分  九州電力が稼働から38年経過している玄海原発1号機(東松浦郡玄海町)の廃炉の検討に入ったことが明らかになった。関西電力や中国電力も検討しており、古くなった原発の廃炉を検討する動きは次々と表面化するとみられる。  東日本大震災で重大なメルトダウン(炉心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 小渕計算相 福島第一原発にお邪魔しました

[楢葉町(福島県) 7日 ロイター] -  小渕優子経済産業相は7日、東京電力 福島第1原発を就任後初めて視察した。視察後、記者団に対し、汚染水問題がコントロール下にあるかとの質問に対して「全体として状況はコントロールされているものと考えている」と述べた。  小渕経産相は「個別の事象は発生しているが、モニタリングの結果、発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島事故、避難者自殺に賠償判決 東電が控訴断念、確定へ

メール0 コメント0 朝日新聞デジタル | 執筆者: 伊藤弘毅 東京電力福島第一原発の事故で福島県川俣町から避難を強いられ、一時帰宅中に自殺した女性の遺族が東電に賠償を求め、福島地裁が東電に約4900万円を支払うよう命じる判決を出した訴訟で、東電は5日、控訴し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 : 汚染水タンクの弁から水漏れ

NHK NEWS WEB 9月4日 23時14分 東京電力福島第一原子力発電所で、汚染水をためているタンクの弁から汚染水がしたたり落ちているのが見つかり、現在も水漏れが続いていることから、東京電力で対策を検討しています。 東京電力によりますと4日正午すぎ、福島第一原発で汚染水をためる2つのタンクを結ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪雨で浸水した [古里原発] 不安な韓国

中央日報 latest news 2014年08月28日10時10分 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] comment 49hatena0 「古里原発2号機は安全系統の作動で停止し、現在、原因を把握中です」 27日、韓国水力原子力(韓水原)の原発運営情報にはこのように短い説明が出ている。釜山市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:    「吉田調書」

 東京電力福島第一原発事故で吉田昌郎元所長が政府の事故調査・検証委員会に語った調書の全容が29日 に判明した。2011年3月11日の事故発生から5日間の要旨は次の通り。 3月11日 「炉水位ある 思い込み」  津波後、全電源喪失という想定外の事態に、吉田元所長は強いショック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:   核燃料ほぼ全量落下 福島3号機 廃炉一層困難

 東京電力は六日、福島第一原発事故で炉心溶融(メルトダウン)した3号機について、核燃料のほぼすべてが溶け落ちた可能性が高いとする解析結果を発表した。これまでは溶け落ちた量を六割程度とみていた。1号機でもすべての核燃料が溶け落ちたとみられており、廃炉のための核燃料の取り出しは、さらに難しくなった。  解析結果によると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏崎で反原発集会 地元から響く原発反対の大合唱

原発反対を訴えてパレードする「なくそテ原発 柏崎大集会」の参加者たち=24日、柏崎市 地元から響く原発反対の大合唱  県内の反原発団体でつくる実行委員会主催の「なくそテ原発 柏崎大集会」が24日、柏崎市で開かれ、県内外から約1400人が参加した。原発再稼働の前提となる原子力規制委員会の適合審査が進む中、東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:  がれき撤去中、金属台も落下 福島第一原発3号機

朝日新聞デジタル 2014年8月30日22時49分  東京電力福島第一原発3号機の原子炉建屋上部のがれき撤去作業中に、機器の一部を使用済み燃料プールに落とした問題で、東電は30日、機器を据え付けていた台も一緒に落ちていたと発表した。プールの水に含まれる放射性物質の濃度に変化はなく、東電は燃料に損傷はないとみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発3号機で燃料プールに機器落下

  NHKオンラインニュース 8月29日 18時20分 東京電力は、福島第一原子力発電所3号機で、爆発で損傷した機器をクレーンで撤去しようとしたところ、誤って使用済み燃料プールに落下させたと発表しました。周辺の放射線量に変化はないとしていますが、プールの中には現在も500体余りの核燃料が入っていて、東京電力で損傷がないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大飯原発運転差止請求 事件判決 要旨 全文

2014年5月21日 大飯原発3、4号機運転差止請求事件判決要旨 主文 1  被告は、別紙原告目録1記載の各原告(大飯原発から250キロメートル圏内に居住する166名)に対する関係で、福井県大飯郡おおい町大島1字吉見1-1において、大飯発電所3号機及び4号機の原子炉を運転してはならない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発

<美味しんぼ>鼻血問題で森担当相「差別や偏見を助長する」 毎日新聞 5月13日 12時7分配信  「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に連載中の漫画「美味(おい)しんぼ」で、福島第1原発を訪問した主人公らが鼻血を出す場面が描かれたことについて、森雅子消費者担当相は13日、閣議後の記者会見で言及。「放射能と鼻血との因果関係がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核のゴミの行き先

核ゴミ処分場「国内で見通し」 懸念も(5月10日 4時10分) いわゆる「核のゴミ」を埋める処分場に適した場所を科学的に検討してきた経済産業省の専門家会議は、好ましい条件の場所を国内で選定する見通しが得られたという報告書の案を大筋で了承しました。 ただ、一般からの意見では懸念や批判が多く、専門家会議は処分の安全性を引き続き検証してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 異常なし

NHK オンラインニュース 5月5日 5時52分 東京電力によりますと、福島県の福島第一原子力発電所では、地震で新たな被害の情報は入っていないということです。 また原発の周辺で放射線量を測定しているモニタリングポストの値に変化はないということです。 以上転載おわり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発

<福島第1原発>遮水壁、着工遅れも…東電に安全対策注文 毎日新聞 5月2日(金)21時3分配信 福島第1原発の凍土遮水壁の完成イメージ  原子力規制委員会は2日、東京電力福島第1原発で地下水が原子炉建屋に流入し汚染水となるのを防ぐ「凍土遮水壁」について、計画の再検討を東電に指示した。安全に管理できる根拠を示すデータが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発

<福島第1原発>遮水壁、着工遅れも…東電に安全対策注文 毎日新聞 5月2日(金)21時3分配信 福島第1原発の凍土遮水壁の完成イメージ  原子力規制委員会は2日、東京電力福島第1原発で地下水が原子炉建屋に流入し汚染水となるのを防ぐ「凍土遮水壁」について、計画の再検討を東電に指示した。安全に管理できる根拠を示すデータが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発

廃炉下請け企業「継続」は半数(4月25日 19時25分) 東京電力福島第一原子力発電所で廃炉作業に関わっている下請け企業のうち、NHKが、取材で判明した企業に「今後も作業を続けるか」尋ねたところ、「続ける」と答えた企業が、全体のほぼ半数にとどまりました。 長期的な作業員の確保が課題になるなか、専門家は「廃炉作業から撤退する企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  東京電力福島第1原発3号機の原子炉建屋1階の床面で、汚染水の流れが見つかった。溶けた核燃料を冷却するため原子炉に注入した水が、格納容器の配管貫通部から漏れている可能性が高い。格納容器を水で満たして溶融燃料を取り出す工程を描く東電は、水漏れ箇所の特定と補修を急ぐが、現場の放射線量が高く容易ではない。  水の流れが見つかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more