テーマ:脱原発

福一ライブ カメラ 

         http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html   東京電力(株) 福島第一原発付近の天気            晴れ 降水量0mm 湿度74% 気温35℃                      東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 川内原発

                                                再稼動 目前の川内原発
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発8月稼動

 九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働を前に、九電に説明会を求める動きが鹿児島県内の市町議会で広がっている。これまでに陳情を採択するなどして意思表明をした議会は六つ。今後も増える可能性があるが、九電は開催要請に応じていない。  今年三月、再稼働に反対する市民団体が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコのシノップの「日本は原発を輸出しないで」という 叫び 4万人!

トルコのプナールさんからのメッセージと「緑の新聞」の記事です 「日本政府がトルコ政府と契約をして原発を輸出する 予定のシノップ市で、4万人が集まって、『原発反対!』 『日本は原発を輸出しないで!』と叫びました(4月25日)。 日本人のみなさまにお知らせです」 (Pınar Demirc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九電、川内原発再稼働さらに遅れ 日程を見直し

 中日新聞より転載  九州電力は28日、川内原発1号機(鹿児島県)の再稼働時期について、7月中旬としてきた見通しを遅らせる方向で検討していると明らかにした。どの程度の遅れになるかは明らかにしなかった。再稼働前の最終手続きとなる原子力規制委員会の使用前検査が、九電の準備不足により遅れていることが主な原因という。  九電は当…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川内原発を再稼動させない

九州電力川内原発の再稼働差し止めを求めた仮処分申請は22日、鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)で却下されたが、高裁に抗告する方針の住民側は「次は勝てる」(原告弁護団の内山成樹氏)と自信マンマンだ。地裁決定が判断を避けた「争点」を抗告審で突き詰めていけば、必ず再稼働は止められるというのだ。  地裁が逃げた争点とは、川内原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発の行方

鹿児島地裁、22日に川内原発差し止め可否判断 2015年04月21日 08時38分  佐賀新聞より転載  九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の地震対策は不十分として、周辺住民らが再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てで、鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)は22日、差し止めの可否を決定する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<高浜原発>3、4号機再稼働差し止め 福井地裁、仮処分

毎日新聞 4月14日(火)14時6分配信  より転載  福井県や関西の住民ら9人が関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再稼働差し止めを求めた仮処分の申し立てに関し、福井地裁(樋口英明裁判長)は14日、住民側の主張を認め、申し立てを認める決定を出した。仮処分の手続きで原発の運転差し止めが認められたのは初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大間原発反対 署名14万人 函館市民ら経産省提出へ

2015年3月25日 東京新聞朝刊より 転載  青森県大間町で電源開発(Jパワー)が建設中の大間原発をめぐり、津軽海峡を挟んだ対岸の北海道函館市で、市内の町内会をまとめる町会連合会が建設の差し止めを求める十四万六千百八十四人分の署名を集めた。二十五日に経済産業省に提出する。  連合会による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発1号機、使用前検査開始 再稼働へ最終手続き

03/30 18:00、03/30 20:51 北海道新聞より転載  原子力規制委員会は30日、九州電力川内原発1号機(鹿児島県)の再稼働に向けた最終手続きとなる使用前検査を現地で始めた。九電の計画では、6月末までに原子炉起動に必要な検査を終え、7月上旬に発電を開始する。九電は発電開始を再稼働と定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発

 鹿児島県の反原発団体は25日、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の再稼働に反対する全国集会を鹿児島市で開いた。参加者は「民意は再稼働に反対だ。相手を九電に絞り、訴えよう」と拳を突き上げた。実行委員会によると、約3千人が参加し、集会後に市内をデモ行進した。  川内原発については、地元の薩摩川内市と県が昨年11月まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大間原発審査、長期化必至 来月開始、フルMOX課題山積(12/29 07:00)  青森県大間町で建設中の電源開発大間原発の新規制基準への適合性審査が1月にも始まる。電源開発は審査期間を約1年と想定し、2015年末の「合格」を見込むが、同社として初めて手掛ける原発であるうえに、世界初の「フルMOX」商業炉を目指す異例のケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとまて ロシアがイランに原子炉提供する だ?

ロシアの国営の原子力企業「ロスアトム」のキリエンコ総裁がイランの原子力庁、サレヒ長官と「イランに8基の原子炉を新に建設する」として 覚書に署名したということだ。イランのエネルギー事情はよくしらないが、原子炉輸出とは日本と同じことしてるじやないか。ロシアにも原子力村があるようだな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1号機建屋カバー ふたを開けてちょっと様子をみてみよう

          福島第一原発一号機の建屋カバーの屋根6枚のうち2枚がとりはずされた。この状態のままでしばらく放射能濃度をモニターして、がれきの散布した飛散防止剤の固着状況や放射性物質の飛散状況を把握。まあ 様子見だな。 12月初旬までに また取り外した屋根2枚を元に戻すらしい。 本格的な解体は平成27年3月以降のようだ。 今の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やめよう 大間原発!

「やめるべ、大間原発!さようなら原発青森・北海道合同集会」は11月15日 11月15日、青森県・大間町役場総合開発センターで「やめるべ、大間原発!さようなら原発青森・北海道合同集会」が開かれます。 2012年10月に建設再開を強行した大間原発は、函館までわずか30㌔圏内に位置しています。大間原発は、MOX燃料を全炉心に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大間原発の建設差し止めを求めた訴訟  第2回口頭弁論

大間訴訟「訴える資格ある」 函館市が反論 2014年10月30日09時53分 印刷 メール ■函館市が国に反論  函館市が大間原発(青森県大間町)の建設差し止めを求めた訴訟の第2回口頭弁論が29日、東京地裁(増田稔裁判長)であり、「函館市には訴える資格がない」と却下を求めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き ⑤日置市

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   日置市議会だよりから転載 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き  ④出水市 

平成26年第2回定例会  第1日 ○12番(鶴田悌次郎議員) 一般会計補正予算の71ページですが、ここにですね土砂防災と原子力防災マップの作成委託と、2,000万円計上してあります。新聞でもこれは報じられておりました。同じく、同じ日に知事はですね、10キロから30キロ、そういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き  ③阿久根市

平成26年第2回定例会 6月13日(金) 一般質問 3-4   竹原 恵美     1 川内原発再稼働について (1) 西平市長は再稼働についてどのように考えているか (2) 原発事故に備える阿久根市の状況はどうであるか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30Km圏内の市町の動き  ②いちき串木野市

         いちき串木野市 [いちき串木野市(鹿児島県) 10日 ロイター] 川内原発が立地する薩摩川内市に隣接するいちき串木野市の田畑誠一市長(74)は10日、ロイターのインタビューに応じ、同原発の再稼働に必要となる地元同意の範囲について「国の責任で同意の範囲を定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き ①姶良市

「川内廃炉を」鹿児島・姶良市議会が決議 30キロ圏 2014年7月12日11時45分  鹿児島県姶良(あいら)市議会(定数24)は11日、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の再稼働に反対し、廃炉を求める決議案を可決した。原発から30キロ圏の9市町議会で、再稼働に反対の意思を示し、廃炉も求めた決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大間で飛ばした風船 津軽海峡を渡る

風船、津軽海峡越え厚沢部へ 大間から飛来、放射能汚染に危機感新た(10/11 09:45)  青森県大間町で建設中の電源開発大間原発近くから飛ばした風船が、津軽海峡を越えて、約60キロ離れた厚沢部町に達していたことが分かった。建設に反対する市民グループなどが事故の際に放射能が広がる範囲を確かめようと飛ばしたもので、目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大間原発訴訟 函館市長 「勝機あり」

転載開始 「私たちを無視」と函館市長 大間原発訴訟  大間原発(青森県大間町)の建設差し止めを求めて、国と電源開発(Jパワー)を相手に訴訟を起こしている北海道函館市の工藤寿樹市長が、同市役所で、河北新報社などの取材に応じて「自治体に訴える資格がないというのは話にならない」と述べ、原告適格がないとして訴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再稼働反対訴訟で連携 脱原発原告団が全国連絡会

転載開始 2014年10月11日 10時09分 裁判を前に玄海原発の運転差し止めや脱原発をアピールする原告団=佐賀市の佐賀地裁付近  九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)運転差し止め請求訴訟の2原告団など、全国で提訴されている原発裁判の原告団が、連絡会を発足させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“新しい規制基準適合”川内原発の住民説明会

転載開始 全国の原子力発電所で初めて新しい規制基準に適合しているとされた鹿児島県の川内原発が立地する薩摩川内市で住民説明会が開かれ、住民から地震や津波などへの対策をもっと厳しくすべきだという意見が相次いだのに対し、原子力規制庁の担当者は「自然環境の厳しさも勘案している」などと理解を求めました。 川内原発について、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めでたき 島よ いわいしま(祝島)

 今から二千二百年前の中国、初めての統一王朝・秦の時代に、一人の男が始皇帝の命を受け、東方海上に浮かぶ「蓬莱の島」をめざして出航しました。  目的の島は神々が住み、不老不死の霊薬が実る楽園なのです。  始皇帝の望んだ霊薬と蓬莱の島を結ぶ男、徐福とは・・・。  夢の扉を開く鍵は、瀬戸内海に浮かぶ孤島「祝島」の三浦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浪江町 4年ぶりの 稲刈り

転載開始 浪江で4年ぶり稲刈り コシヒカリ3トン  東京電力福島第一原発事故により全町避難が続く浪江町で4日、4年ぶりの稲刈りが行われた。営農再開に向けた実証栽培で、収穫したコメは11日に放射性物質検査を行い、安全性を確認する。  稲刈りが行われたのは、同町酒田の松本清人さん(75)が実証栽培を行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼちぼち廃炉にしますか

転載開始   運転開始から40年経過した古い原発の廃炉問題が注目されている。政府は2014年内にも、電力会社に老朽化した原発を廃炉にするか延命させるかの決断を迫る方針だ。 電力会社は経営に大きく影響するだけに、対象をどう絞り込むか、難しい判断を迫られている。 運転延長のハードルが一気に上がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大間訴訟、市民守るため 函館市長

転載開始 ■函館市長、日弁連シンポで語る  日本弁護士連合会は2日、函館市で人権擁護大会シンポジウムを開いた。「原発問題」と「障がいと共生」の二つの分科会が開かれ、弁護士や市民らが参加した。  原発問題をテーマにした分科会には、約1500人(主催者発表)が参加した。北陸電力志賀原発差し止め訴訟に携…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more