テーマ:川内原発

 川内原発

                                                再稼動 目前の川内原発
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九電、川内原発再稼働さらに遅れ 日程を見直し

 中日新聞より転載  九州電力は28日、川内原発1号機(鹿児島県)の再稼働時期について、7月中旬としてきた見通しを遅らせる方向で検討していると明らかにした。どの程度の遅れになるかは明らかにしなかった。再稼働前の最終手続きとなる原子力規制委員会の使用前検査が、九電の準備不足により遅れていることが主な原因という。  九電は当…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川内原発を再稼動させない

九州電力川内原発の再稼働差し止めを求めた仮処分申請は22日、鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)で却下されたが、高裁に抗告する方針の住民側は「次は勝てる」(原告弁護団の内山成樹氏)と自信マンマンだ。地裁決定が判断を避けた「争点」を抗告審で突き詰めていけば、必ず再稼働は止められるというのだ。  地裁が逃げた争点とは、川内原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発の行方

鹿児島地裁、22日に川内原発差し止め可否判断 2015年04月21日 08時38分  佐賀新聞より転載  九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の地震対策は不十分として、周辺住民らが再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てで、鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)は22日、差し止めの可否を決定する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原子力発電所 22日に仮処分決定 

鹿児島県の川内原子力発電所を再稼働させないよう住民が求めている仮処分の手続きで、鹿児島地方裁判所は、今月22日に決定を出すことになりました。仮処分の決定は、すぐに効力を持つことがあり、全国で最も早く、再稼働に向けた手続きが進む川内原発に対する裁判所の判断が注目されます。 鹿児島県の川内原発1号機と2号機について、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発再稼動へ ハイペースで地元同意  いよいよマッチに火をつけた

川内原発再稼働、鹿児島知事が同意表明 新規制基準で初 2014年11月7日20時56分  鹿児島県の伊藤祐一郎知事は7日、九州電力川内(せんだい)原発(薩摩川内市)1、2号機の再稼働に同意する考えを表明した。県議会がこの日、再稼働を求める陳情を採択したことを受けて判断した。東京電力福島第一原発の事故後にできた新規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県議会 再稼動を求める陳情を採択

九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働を巡り、鹿児島県議会(定数51、欠員2)は7日、臨時会の本会議で、再稼働推進を求める陳情を賛成多数で採択した。採択を受け、伊藤祐一郎知事は7日中に自身の考えを表明する、と述べた。再稼働への同意の意向を示すとみられる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県議会 予定どうり県民の声を無視して再稼動へ突き進む

川内原発再稼働 県議会が判断へ 11月5日 12時26分 福島第一原発の事故後に作られた新しい規制基準に初めて適合しているとされた鹿児島県の川内原子力発電所について、再稼働に同意するかどうか判断するための鹿児島県議会の臨時議会が、5日開会しました。 会期は3日間で、7日には県議会としての判断が示される見通しです。 川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火山学会が「規制委員会の審査基準を見直せ」って 遅いよ

火山学会「予測限界ある」、原発の審査基準見直し提言 2014年11月2日21時49分  日本火山学会の原子力問題対応委員会は2日、原発を火砕流が襲うような巨大噴火について、リスクを判断する原子力規制委員会の審査基準を見直すよう求める提言をまとめた。国全体で巨大噴火対策に取り組む必要があるとしたうえで、噴火予測の可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き ⑧鹿児島市

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  九州電力川内原発=10月24日、鹿児島県薩摩川内市  宮沢経済産業相は31日、鹿児島県の伊藤知事と経産省で会談し、九州電力川内原発について「再稼働を進める政府方針を関係者に伝えたい」と述べ、11月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き ⑦長島町

(2014 05/31 06:30)  九州電力川内原発の重大事故を想定した避難計画の住民説明会がいちき串木野市と長島町で開かれる。いちき串木野は6月18日から、長島は同23日から。いずれも午後7時の開会。県が30日発表した。  いちき串木野市は同日あった市防災会議で、全市民約3万人が対象とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県議会、原発再稼働11月7日に判断

[関連記事] 鹿児島県議会、原発再稼働11月7日判断 (2014-10-30) 臨時議会の日程を協議する会派代表者ら=29日、鹿児島県議会の議長応接室  鹿児島県議会(池畑憲一議長、49人)は29日、会派代表者会議を開き、九州電力川内原発(薩摩川内市)の再稼働関連陳情、請願を採決するための臨時議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き ⑥さつま町

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き ⑤日置市

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   日置市議会だよりから転載 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き  ③阿久根市

平成26年第2回定例会 6月13日(金) 一般質問 3-4   竹原 恵美     1 川内原発再稼働について (1) 西平市長は再稼働についてどのように考えているか (2) 原発事故に備える阿久根市の状況はどうであるか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30Km圏内の市町の動き  ②いちき串木野市

         いちき串木野市 [いちき串木野市(鹿児島県) 10日 ロイター] 川内原発が立地する薩摩川内市に隣接するいちき串木野市の田畑誠一市長(74)は10日、ロイターのインタビューに応じ、同原発の再稼働に必要となる地元同意の範囲について「国の責任で同意の範囲を定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発30km圏内の市町の動き ①姶良市

「川内廃炉を」鹿児島・姶良市議会が決議 30キロ圏 2014年7月12日11時45分  鹿児島県姶良(あいら)市議会(定数24)は11日、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の再稼働に反対し、廃炉を求める決議案を可決した。原発から30キロ圏の9市町議会で、再稼働に反対の意思を示し、廃炉も求めた決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

説明会参加対象拡大を 鹿児島県に申し入れ書、反原発団体 [鹿児島県]

説明会参加対象拡大を 鹿児島県に申し入れ書、反原発団体 [鹿児島県] 2014年10月24日(最終更新 2014年10月24日 00時05分)  九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に反対する市民団体「ストップ再稼働! 3・11鹿児島実行委員会」は23日、補足で開催される住民説明会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発 再稼動年明け以降になる見込み

原子力発電所の新しい規制基準に初めて適合しているとされた鹿児島県にある川内原発について、再稼働に必要な残る認可を得るための説明が不足しているなどの指摘が原子力規制委員会の会合で相次ぎました。 認可にはまだ時間がかかるとみられ、九州電力が目指す川内原発の再稼働は、地元の同意が得られた場合でも年明け以降になる見込みです。 川内原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発再稼働に市議会委が同意

川内原発再稼働に市議会委が同意  九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働問題で、同市議会は20日、川内原発対策調査特別委員会(10人)を開き、再稼働に同意する陳情を賛成多数で採択した。今月下旬に開催される本会議で可決されれば、議会として再稼働に同意したことになる。  28日に臨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再稼働反対訴訟で連携 脱原発原告団が全国連絡会

転載開始 2014年10月11日 10時09分 裁判を前に玄海原発の運転差し止めや脱原発をアピールする原告団=佐賀市の佐賀地裁付近  九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)運転差し止め請求訴訟の2原告団など、全国で提訴されている原発裁判の原告団が、連絡会を発足させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“新しい規制基準適合”川内原発の住民説明会

転載開始 全国の原子力発電所で初めて新しい規制基準に適合しているとされた鹿児島県の川内原発が立地する薩摩川内市で住民説明会が開かれ、住民から地震や津波などへの対策をもっと厳しくすべきだという意見が相次いだのに対し、原子力規制庁の担当者は「自然環境の厳しさも勘案している」などと理解を求めました。 川内原発について、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 アベノタワゴト

転載開始 安倍総理大臣は、鹿児島県の川内原発の再稼働について、桜島などが御嶽山よりはるかに大規模に噴火した場合でも、安全性は確保されていると強調しました。  民主党・田城郁参院議員:「予知不能であったこの噴火は、自然からの警鐘として受け止めるべき。川内原発の再稼働を強引に推し進める安倍政権の姿勢を認めるわけにはいきませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何のための 誰のための 原子力規制委員会か

転載開始 川内原発再稼働に突き進む安倍政権。原子力規制委員会は“最後のとりで”との期待もあったが、ダメだった。政府方針の“追認機関”にすぎないことがハッキリした。  今回の御嶽山の噴火について菅義偉官房長官は、29日の記者会見で「川内原発再稼働への影響を与えないと思う」と早々と宣言。今回の噴火事故を受けて再稼働…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発 再稼動反対

転載開始 朝日新聞デジタル 川内原発の再稼働反対、7500人が訴え 鹿児島 2014年9月28日  九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働反対を訴える市民集会が28日、鹿児島市の天文館公園で開かれた。原子力規制委員会による新規制基準への適合審査が9月に終了し、再稼働への地元同意が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more