旧福島第一原発: 1時間あたり25シーベルト

 テレビ朝日ニュース

 東京電力は、福島第一原発1号機の排気筒で、 1時間あたり25シーベルトという極めて高い放射線量が測定されたと発表しました。事故以降、最も高い数値です。

 高線量が測定されたのは、1号機の排気筒の根元部分です。この場所は、2011年8月の段階で線量が高いことは分かっていましたが、10シーベルト以上を測定できる計器がなく、正確な数値が分かっていませんでした。今回、東電は、長さ12メートルのアームの先に線量計をつけて測定し、1.5メートル離れた場所の数値などから割り出したということです。その結果、1時間あたり25シーベルトという極めて高い値であることが分かりました。20分間、その場にいれば人間が死に至る数値です。東電は今後、排気筒の撤去も検討するとしています。

 転載おわり

         いつから どのくらい もれてたのか。 排気筒撤去してはいおわり じゃないでしょ! 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック