まだ旧式核燃料発電システムにしがみつこうとする日立製作所

 転載開始


 日立製作所が使用済み核燃料を燃料に使う資源再利用型沸騰水型軽水炉(RBWR)の実用化に向けて動き出した。使用済み核燃料の有害度は天然ウラン鉱石と同程度まで減衰するのに約10万年かかるとされる。だがRBWRが実用化されれば300年程度まで短縮できるという。原子力発電にとっての課題は使用済み核燃料の処理だ。日立は処分場の面積を約4分の1まで減らすことができるとみており、開発の行方に注目が集まる。




■処分場を4分の1程度まで縮小


 RBWRは使用済み核燃料の中に含まれるプルトニウムなど有害度の高い超ウラン元素(TRU)を燃料に使うのが特徴だ。TRUは使用済み核燃料のうち数%含まれており、使用済み核燃料から取り出したTRUをRBWRに投入する。

 RBWRは炉に投入したTRUを燃焼によって約9%減らすことができる仕組み。通常の原発であるBWR2基に対し、RBWRが1基あればTRUを現状より増やすことなく、BWRを運営できるのだ。

 通常の使用済み核燃料の有害度が高い原因はTRUを含むことによる。TRUを除去できれば、使用済み核燃料が天然ウランと同程度まで減衰する期間を10万年から300年程度まで短縮できる。よって使用済み燃料の処分場を4分の1程度まで縮小できる公算だ。




 使用済み核燃料は原発メーカーにとっても大きな課題だ

 日立はRBWRの実用化を進めるために、米3大学と原子炉の性能や安全性などの評価を開始した。2016年3月まで米マサチューセッツ工科大学(MIT)、ミシガン大学、カリフォルニア大学バークレー校(UCB)とRBWRについての詳細な評価をする。

 MITとは冷却水が沸騰した際の蒸気の割合や冷却水の流量で十分に燃料棒を冷やせるかどうかを調べる。ミシガン大とは核分裂のしやすさに影響を与える中性子の挙動を探る。UCBとはRBWRから出てくる放射性廃棄物の有害度を分析する。




■開発順調なら30年代に実用化も

 使用済み核燃料の再処理に伴い発生する寿命の長い放射性物質は原発に伴う最も重要な課題の1つだ。政府は長期停止中の高速増殖炉もんじゅ(福井県)を改造し、こうした放射性物質TRUを燃料として使い、毒性を低くする構想をもつ。 しかし高速増殖炉は扱いが難しい液体ナトリウムで炉心を冷却する。技術は確立しておらず、もんじゅは運転再開のめどがたっていない。一方でRBWRは既存の原発の発展型であり、水を冷却材に使う。試験炉の稼働など開発が順調に進めば、30年代の実用化が期待できる。

 東京電力福島第1原子力発電所事故をきっかけに原発を取り巻く状況は厳しくなったが、アジアを中心に原発の新設需要は増加している。日本でも九州電力の川内原発が再稼働へと一歩踏み出した

 原発メーカーにとって原子炉の安全性向上は極めて重要だが、使用済み核燃料の問題も避けて通れない。核燃料サイクルの行方が不透明なだけに、RBWRにかかる期待は大きい。

(企業報道部 多部田俊輔)


日本経済新聞

 以上転載おわり




  だから お釜を炊いて蒸気だして 羽根まわして 電気作るだけのことに 人類の存亡まで託すこたァない。   
  しかし 電気の便利さに味をしめた人間は もはやそれを手放すことなんて到底むりだ。

  今となっては電気のない暮らしなどあり得ないし あの3.11東北大震災後の輪番停電のときですら数時間、   電気の供給がストップしている間 完全にお手上げ状態だった。

  電気という「ありがたいもの」が電力線と電線で国内の隅々まで行き渡る今の時代 そんなの当たり前すぎて  気にも留めない スイッチぽちっと 明るい電化生活をみんなが謳歌している。 罰が当たるくらい に だ。

  時を経るにつれ 人の世の移り変わりとともに 自然界からのエネルギーの取り出し方は変化していく。人力  から馬など 動物を使役させるやりかた方。水の流れ 落差を利用して水車をまわすやり方。石炭火力で水   を熱し蒸気で動力を得る蒸気機関。(原発は燃料が石炭ではなく 濃縮ウランなどの核燃料に代わっただけ   蒸気でタービンを回し発電するという簡単な原理だ)
自動車などに利用される ガソリン、天然ガスなどのを金属ハウスの中で爆発させそれを動力エネルギーに   かえる内燃機関。 どうも自然界にあるものから熱エネルギー   風力、波力、地熱、太陽光、最近話題の水素など

  暗くなればランプに灯をともし、煮炊きは釜戸に薪をくべ、風呂も薪で沸かす。

  寒い冬は薪で暖を取り 薪がなくなりゃ山へ入り 桶に水がなくなりゃ井戸でツルベで汲み上げる 近くに井戸  がなければ 遠くの川まで天秤棒かついで汲みにいかなきゃなりません。 
  
  ああ 考えただけで面倒くさい 家事労働で一日が終わってしまいそうです。 ありえません!
  
  しかしそんなに遠くない昔に そんな暮らし方をしてた事は紛れも無い事実です。 「電気」がないんですから  それが当たり前だったんですから。

  「人類の進歩と調和」なんてえ謳い文句の よろずなんでもみせもの祭りがかつてあり 小学校3年のとき親   に連れられていきました。

  人間が月へ行くとか リニア技術でもっと高速で移動できるようになるとか ロボットに人間の替わりをさせ    るとか 「ああ人類は凄いな。 未来はスンバらしいぞ!」なんて 思ったか思わなかったか定かではありませ  んが。
  
  人間という生き物は一体なんなんでしょうか。 なにをしたいんでしょうか。 どうしたいんでしょうか。どうすれ  ばベストで どこがゴールなんでしょうか? それとも何も分からずに ただ闇雲に手の鳴るほうに 群れなが  ら互いのぬくもりを確かめながら 自分の足元だけ進む羊のようなものなんでしょうか?

  「人類」というと大袈裟で かつ とらえどころがない語彙です。 なんとなく便利なので つい使ってしまいま   す。 

  「人類」を一人の人間 もっと進めて「自己」 つまり 「わたし」に置き換えれば どうやら話は早そうです。




     自分で何を言いたいのか分からなくなってきました またの機会に します。 なんせ 自分の考えをまと    めて文章にするなんて作業は 小学校の頃から大の苦手で ここまで書き進めるのに半日かかってる始     末です。 ああ もうそろそろ 日付けが変わってしまうじゃないですか・・・情けない。   
     でも まあ 苦労して 自分の考えをていることを正確に他者に伝えるということは それなりの充実感が    あります

     では おやすみなさい
  
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック