福島第一原発 : 汚染水タンクの弁から水漏れ



NHK NEWS WEB

9月4日 23時14分


東京電力福島第一原子力発電所で、汚染水をためているタンクの弁から汚染水がしたたり落ちているのが見つかり、現在も水漏れが続いていることから、東京電力で対策を検討しています。

東京電力によりますと4日正午すぎ、福島第一原発で汚染水をためる2つのタンクを結ぶ配管の弁付近から、水がしたたり落ちているのを作業員が見つけました。
漏れているのは、建屋からくみ出されてセシウムを取り除いたあとに残った比較的高い濃度の汚染水で、東京電力では漏れている量は数秒に1滴程度だとしています。またタンクの周囲には高さおよそ60センチのコンクリート製のせきが設けられているほか、床も樹脂で覆われているため、外部や地中への漏えいはないとしています。問題の弁からはひび割れのようなものが見つかったということで、東京電力では水漏れを止める対策を検討するとともに、弁の周囲をシートで覆ったり、この弁につながる2つのタンクの汚染水を別のタンクに移したりする作業を進めています
福島第一原発では、去年8月に高濃度の汚染水300トン余りがタンクから漏れだすなど汚染水漏れが相次いだことから、東京電力はパトロールを強化したりタンクに水位計や警報器を取り付けたりするなどの対策を進めています。









福島民放

 2014/09/05 09:38

  
高濃度汚染水漏れる 第一原発貯蔵タンクから せき外の流出なし


 東京電力福島第一原発で4日、汚染水の貯蔵タンクから高濃度の汚染水が漏れているのが見つかった。汚染水はタンク群を囲うせき内にとどまっており、せき外への流出はないという。東電福島第一廃炉推進カンパニーの川村信一広報担当が同日、楢葉町の東電福島復興本社で記者会見し、明らかにした。
 同社によると、東電社員が4日正午ごろ、汚染水タンク同士を結ぶ配管の連絡弁からわずかに水が漏れ落ちているのを発見した。応急処置として漏れ落ちている部分をビニール袋で囲った。連絡弁にひび割れとみられる箇所が確認されたという
 これまで汚染水が入っていなかったタンクで、4日午前11時ごろから高濃度汚染水の浄化作業を行っていた。川村広報担当は「原因を調査して再発防止を図る」と述べた。

2014/09/05 09:38


  以上転載おわり


        毎度のことになっちゃった感がしてきたぞ!  だが   「放射能汚染水 盆に返らず」 だ。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック