鹿児島県議会 予定どうり県民の声を無視して再稼動へ突き進む

川内原発再稼働 県議会が判断へ
11月5日 12時26分


福島第一原発の事故後に作られた新しい規制基準に初めて適合しているとされた鹿児島県の川内原子力発電所について、再稼働に同意するかどうか判断するための鹿児島県議会の臨時議会が、5日開会しました。
会期は3日間で、7日には県議会としての判断が示される見通しです。

川内原発を巡り、原子力規制委員会はことし9月、九州電力の安全対策が新しい規制基準に適合していると判断し、地元の薩摩川内市は先月28日、再稼働に同意することを決めました。
5日から始まった鹿児島県議会の臨時議会は、県議会として再稼働に同意するかどうか判断するために開かれ、伊藤知事は「川内原発については新規制基準に基づく厳格な審査が行われ、安全性が確保されることが確認されたものと考えている。私が判断するにあたって重要な要素となる、県議会の意見を取りまとめてもらいたい」と議会を招集した理由を説明しました。
臨時県議会の会期は3日間で、知事と各会派の間で質疑が行われたあと、6日の特別委員会を経て、7日の本会議で再稼働に同意するかどうか判断する見通しです。
その後は伊藤知事に判断が委ねられ、川内原発の再稼働を巡る地元の議論は大詰めを迎えることになります
臨時県議会の開会に合わせて、鹿児島県庁の前には川内原発の再稼働に反対するグループのメンバーなどおよそ50人が集まり集会を開きました。
集会では「再稼働するな」と書かれた横断幕が掲げられ、参加者が「再稼働に反対する県民の声を聞くべきだ」などと訴えていました。

NHK NEWS WEB



    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック