テーマ:汚染水

福島第1原発: 汚染水漏れ対策 地盤を定期測量へ

 毎日新聞 2013年10月20日 東京朝刊  東京電力福島第1原発で、傾斜地に設置した貯蔵タンクから汚染水漏れがあったことなどを受け、東電は全タンク周辺の地盤を定期的に測量し、傾きや沈下の状況把握に乗り出すことを決めた。これまで測量は完成時の1度しか行っていなかった。測量の頻度や開始時期は今後検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第1原発: 井戸で過去最大のトリチウム

 …汚染水問題 毎日新聞 2013年10月18日 22時07分(最終更新 10月18日 22時10分)  東京電力は18日、福島第1原発で高濃度汚染水約300トンが漏れた地上タンク付近にある地下水観測用井戸(地下約7メートル)から、放射性物質のトリチウム(三重水素)が1リットル当たり79万ベクレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:  港湾外の海水からもセシウム137 1.4ベクレル/L検出

福島原発  東京電力は10日、福島第一原子力発電所の港湾外で8日に採取した海水から、放射性物質のセシウム137を1リットルあたり1・4ベクレル(国の放出限度は同90ベクレル)検出したと発表した。  10日の採取では再び検出限界値を下回り、東電は環境への影響はないとみている。  検出されたのは沖合約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発: 港湾内のセシウム濃度急上昇

朝日新聞デジタル 東京電力は10日、福島第一原発港湾内の2号機取水口付近のセシウムの濃度が急激に上がったと発表した。9日に採取した放射性物質の濃度がセシウム134で1リットルあたり370ベクレル、セシウム137が同830ベクレルだった。8日の10倍以上に上がった。東電によると水ガラスで地盤の改良工事をしており、土壌内の水圧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:    汚染水対策、人為ミス頻発 国や東電の対応後手に

 東京電力福島第1原発で、人為的ミスによる汚染水漏れや、放射性物質を除去する「多核種除去設備(ALPS)」の停止などが頻発している。相次ぐ汚染水漏れで現場は複雑な作業を強いられるが、「国が前面に出る」(安倍晋三首相)とした政府や、東電の対応は後手に回っている。  ▽置き忘れ  台風18号が襲来した9月15日、大雨は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第1原発:    今度は冷却ポンプだ!!

  福島第1原発、配電盤誤操作で冷却ポンプ停止    2013/10/7 12:45   日本経済新聞  東京電力は7日、福島第1原子力発電所1号機の原子炉に注水するポンプが同日午前9時45分ごろ、停止したと発表した。配電盤から電源が供給されなくなったためで、直後に自動的に別系統のポンプを使った注水に切り替わってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:  [ALPS]また停止! 今度は「計画停止」だと!?

【原発汚染水】 ALPS処理を計画停止 福島第1 2013.10.5 20:58    東京電力福島第1原発=8月  東京電力は5日、福島第1原発で試運転をしていた「多核種除去設備(ALPS)」の汚染水処理を停止したと発表した。試運転中と別系統の処理再開に向け、計画的に止めた。8日に処理を再開する見通し。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:   「ALPS」その後は調子どうなの?

  産経ニュース    【原発汚染水】 福島第1の新処理施設「ALPS」試運転再開 2013.9.30 09:12  東京電力は30日未明、トラブルで試運転を停止していた福島第1原発の新しい汚染水処理設備「多核種除去設備(ALPS)」で汚染水の処理を再開したと発表した。  再開したのは、A~Cの3系統のうちC系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第1原発 : タンクから水4トンがあふれるトラブル、移送先に誤りか

は1日、福島第1原発内で、放射性物質を含むとみられる水を仮設タンクに移送中、約4トンの水があふれるトラブルが発生したと発表した。あふれた水の放射能汚染濃度は不明だが、東電の広報担当者は「多少なりとも汚染されている」と説明している。 原子力規制庁によると水の移送先が誤っていたという。 東電によると、1日午前1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発: ALPS 復旧 汚染水の処理再開

東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化する装置ALPS(アルプス)が中断した問題で、東電は30日、汚染水の処理を再開したと発表した。不具合は処理タンク内側の底に取り付けていたゴムパッドがはがれ、泥の排出口をふさいだことが原因だった。別のタンクも点検し、ゴムパッドのはがれはなかったため再開した。  アルプスは3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:  異物発見!

    平成25年9月29日 東京電力株式会社  多核種除去設備(ALPS)C系統におけるスラリー*移送ポンプの停止についての続報です。  バッチ処理タンク2Cの水抜きを行い、カメラによる内部確認を実施したところ、内部に異物らしきものを発見し、回収いたしました。  回収した異物については、タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:     ALPS 試運転開始22時間でトラブル 処理を停止

NHK オンラインニュース(9月28日 19:23更新)  東京電力福島第一原子力発電所で27日試運転を再開したばかりの汚染水の新たな処理設備で、配管を流れる廃液の量が減るトラブルが発生し、東京電力は汚染水の処理を停止して原因を調べています。  27日午後10時半すぎ、福島第一原発にある「ALPS」と呼ばれる汚染水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:    放射性物質を除去する新たな装置を導入

(2013年9月20日22時44分 読売新聞)  東京電力は20日、福島第一原子力発電所にたまり続ける汚染水の処理を加速させるため、汚染水から大半の放射性物質を除去する新たな装置を導入すると発表した。  東電は今年3月、62種類の放射性物質を除去する同様の装置「アルプス」の試験運転を始めたが、腐食で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:       たまった水の放出1130トン

NHKニュース  9月17日 16時6分  東京電力福島第一原子力発電所で台風の影響によってタンクの囲いにたまった水を周辺に放出した問題で、その量が合わせて1130トンに上ることが分かりました。  福島第一原発では、台風18号の影響で雨が強まり、東京電力は、汚染水のタンクの囲いにたまった水について、ベータ線という放射…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発: 東電 タンクの周りの堰に溜まった雨水を海に放出

 福島第1原発:タンク群の雨水放出 濃度確認し 毎日新聞 2013年09月16日 20時39分(最終更新 09月16日 22時57分)  東京電力は16日、台風18号による大雨の影響で福島第1原発の汚染水貯蔵タンクに設置している漏えい防止用の堰(せき)に雨水がたまり、一部の堰の弁を開いて放出した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

     福島第一原発 地下水の汚染拡大か

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130910/k10014415491000.html                                                                                                 東京電力福島第一原子力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第1原発:    汚染水タンクに水位計設置

2013/9/6 20:43  日本経済新聞  福島第1原子力発電所の地上タンクから約300トンの汚染水が漏れた問題で、東京電力は6日、漏れたタンクと同型すべてに水位計を設置し、漏れを遠隔から監視できるようにすると発表した。順次、取り付け、12月までの運用を目指す。  対象は、溶接せずボルトで締めたタイプのタンク337基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:    タンク近くの井戸から汚染水、地下水に広がる

朝日新聞デジタル 9月5日(木)20時30分配信  【木村俊介】東京電力福島第一原発のタンクから300トンの高濃度汚染水が漏れた問題で、東電は5日、タンク近くの観測井戸から、放射性ストロンチウムなどのベータ線が水1リットルあたり650ベクレル検出されたと発表した。この件で地下水への汚染の広がりが確認されるのは初めて。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:    地下水の流入箇所を初確認 福島第一の1号機地下

朝日新聞デジタル 9月5日(木)7時37分配信  【木村俊介】東京電力福島第一原発で汚染水が増え続けている問題で、東電は4日、1号機地下で地下水の流入箇所を初めて確認したと発表した。1~4号機の地下には1日400トンの地下水が流れ込んでおり、その流入箇所の一つとみられる。  東電によると、1号機ター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発:  被災者らが東電社長らを刑事告発 福島原発の汚染水漏れ

朝日新聞デジタル 9月3日(火)11時39分配信  東京電力福島第一原発から高濃度の放射能汚染水が流出している事故をめぐり、福島県内の被災者らが3日、東電の広瀬直己社長ら幹部32人と法人としての同社を、公害犯罪処罰法違反の疑いで福島県警に刑事告発した。汚染水管理のずさんさが大量の流出を招いたと訴えている。  告発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第1原発: タンク4カ所で高線量=最高毎時1800ミリシーベルト

 東京電力福島第1原発で放射能汚染水を保管しているタンクから水漏れがあった問題で、東電は31日、同原発敷地内の同型タンク群4カ所で高線量を確認したと発表した。このうち2カ所についてはこれまでに高い線量が確認されていた場所だが、さらに値が上昇し、最大毎時約1800ミリシーベルトだった。4時間浴び続ければ死亡する線量に当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 タンク汚染水漏れ 排水溝から490ベクレル 

                                                                       以下転載はじめ                                                                             福島民報 8月31日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発  東電に汚染水漏れ監視強化指示

                                                                                                                                                 以下転載はじめ                 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 国責任で多核種除去設備増設へ 第一原発汚染水対策

福島民報 8月29日(木)9時18分配信  東京電力福島第一原発の汚染水流出問題を受け、茂木敏充経済産業相は28日、くみ上げた汚染水から約60種の放射性物質を取り除くことができる「多核種除去設備(ALPS)」の増設を国の責任で進める考えを明らかにした。佐藤雄平知事の申し入れに答えた。9月に汚染水問題の抜本解決に向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一の汚染水漏れ、「レベル3」に 原子力規制委員会

 【小池竜太】東京電力福島第一原発で高濃度の放射能汚染水がタンクから漏れた事故について、原子力規制委員会は28日、国際原子力事象評価尺度(INES)の暫定評価を、これまでの「レベル1」(逸脱)から「レベル3」(重大な異常事象)に引き上げた。  レベル3は8段階の上から5番目。規制委は今月19日、東電から少なくとも120リットルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 福島第1原発の汚染水漏れの現状   

 東京電力福島第1原発の地上タンクから高濃度汚染水約300トンが漏れ出し、急ごしらえタンクの限界を露呈した。当初から耐久性が懸念されていたにもかかわらず対応は後手に回り、汚染水問題の危機は深まるばかりだ。 24日には地盤沈下の影響で解体・再利用し、接ぎ目が劣化した可能性なども浮上。 政府はタンクの強度向上も検討し始めたが、汚染は既に外洋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more